宮城県のポスティング

宮城県のポスティングなら業界NO.1の取扱量、スタッフ数を誇る当社にお任せください。
株式会社アトでは、蓄積した実績とシステムを開発。業種ごとにどのようなクリエイティブが良いのか、どのような地域が喜ばれるのか
お客様にご満足いただける、より効果的なポスティングをご提案いたします。

宮城県とは?

宮城県は、日本の首都東京から約300キロメートル北東、東北地方の中心に位置しています。西武一帯に奥羽山脈、北東部に山上山地、南部に阿武隈高地が走っています。これらの間に、北上、鳴瀬、名取、阿武隈の各河川が潤す豊かな平野が広がっています。牡鹿半島以北にはリアス式海岸が続き、南部は砂浜が続く海岸線となっているのも特徴です。交通面では、主要都市へのアクセスも良く東北自動車道、東北唯一の特定重要港湾である仙台塩釜港、仙台空港と陸海空のアクセス網が完備されており、仙台-東京間を最短1時間31分で結ぶ東北新幹線は、平成28年3月に新青森-新函館北斗間の北海道新幹線が開業したことにより、宮城県から各地へのアクセスがますます便利になりました。自動車関連産業をはじめとする大型企業が立地するなど、宮城県は東北の中心としてますます重要な役割が期待されています。 宮城県のポスティングでは、実績豊富な当社へご相談ください。お見積もりや相談は無料でお問合せいただけます。

ポスティングをする際に把握しておきたい、宮城県の特長

宮城県(みやぎけん)は、人口2,348,165人、面積7,286km2の『富県共創! 活力とやすらぎの邦(くに)づくり』を標語・キャッチフレーズとする地域です。平均年齢ランキングでは、都道府県で47地域中38位で全国全地域で1,956地域中1,421位です。65才以上割合ランキングでは、都道府県で47地域中38位で、全国全地域1,956地域中1,432位です。宮城県は東北地方の政治・経済・文化の中心拠点で、県庁所在地の仙台市は杜の都としても有名です。また、都市機能を持つ仙台市は第三次産業が東北随一ですが、その他の地域は農林水産業が盛んであり、都市部と農村部の両面をあわせ持っています。宮城県のものづくり産業は、臨海部では石油、製紙、鉄鋼などの素材型工業が、内陸部では電子部品や自動車などの加工組立工業が集積しており、農業面では「ひとめぼれ」「ササニシキ」に加え「みやぎ米」のブランド力強化に向けて新品種の生産拡大に取り組んでいます。また、宮城県の海の玄関口である「仙台塩釜港(仙台港区)」は、1964年(昭和39年)に新産業都市の指定を受け、1971年(昭和46年)に開港しました。今では約100ヵ国、300港以上と貿易が日々行なわれており、東北地方の国際物流拠点として重要な役割を果たしています。 東日本大震災により沿岸部を中心に甚大な被害を受けた宮城県では、今まで築き上げた「ものづくり産業」を1日でも早く復興することを目指し、今後10年間の復興を示した「宮城県震災復興計画」を策定しました。具体的には、多岐にわたる優遇制度を制定して企業誘致を積極的に行なったり、人命を第一に考え、高台移転・職住分離を基本とし、地域の特性を踏まえた災害に強いまちづくりの構築に取り組んでいます。 ポスティングをするうえで、現在の宮城県横浜市の状況は、このようにまとめることができそうです。

ポスティングとは

ポスティングとは、さまざまな販促物(カタログ・パンフレット・冊子・チラシ・試供品)を各ご家庭や事業所にダイレクトに配布する広告手段です。

葛飾区の広告物などをポストに直接投函することで、一度は必ず手に取ってもらうことができるのでレスポンスへつながる確率の高い媒体です。また新聞折り込みでは不可能である、町丁指定、戸建住宅、集合住宅(マンション・アパートなど)、事業所(オフィス)など建物の選別が出来ることもポスティングならではのサービスです。


"ポスティング"とはどういうイメージをお持ちでしょうか?

「本当にきちんと配布しているの?」「反響はちゃんと出るの?」という不信感を抱いている方も少なくないでしょう。当社では、そんな不安を払拭するために、さまざまな工夫・配慮をしております。こんな不信感を払拭するための、アトならではの工夫があります。毎朝の朝礼とミーティングを行った上で現地へ移動します。配布する際に使用する地図は住宅地図を用い、精微な配布を心がけております。そして毎日ディレクターが配布チェックを行っております。配布スタッフ一人ひとりカルテを作成しており、趣味趣向・希望配布時間、報酬を把握して無理無駄なく管理してるのも当社だけ。

宮城県のポスティング

仙台市 石巻市 塩竈市 気仙沼市 白石市
名取市 角田市 多賀城市 岩沼市 登米市
栗原市 東松島市 大崎市 富谷市