ato blog

地元密着型商材でのポスティングの事例


ポスティングはチラシを見てそのまま来店に繋がるような媒体なので、当然ながら生活に密着している商材ほど反響率が高くなります。
今回ご紹介するのはその中の1つのクリーニング業です。

クリーニング店は全国に11万店あり、なんとコンビニの倍も店舗があります。
なので1店舗の商圏は狭くなりやすく、他の店舗と商圏が重なってしまうケースが多くあります。
したがって、限られた商圏内で自店をアピールしたり競合との差別化をして、顧客を増やしていくことが重要となります。

ポスティングの強みとしては「エリアを細かく選び、密に投下する」ことができます。
商圏が限られる商材には特に有効な媒体です。
チラシと言えば新聞折込チラシの方が知名度は高いですが、昨今では新聞折込チラシから乗り換えてくるお客様が非常に大勢いらっしゃいます。

その理由がまさに上記の「エリアセグメントと投下率」となります。新聞購読率の減少の影響を受けて新聞折込チラシの投下率も下がり(=昔に比べて同じ量でも遠くなってしまう)、また新聞販売店独自のエリアでしかエリアセグメントが出来ず、細かいエリア選定には向いておりません。
ピンポイントの日にち指定の投下には向いておりますが、そうではない商材は特にポスティングへの乗り換えが増えている傾向にあります。

実際に弊社をご利用されているお客様に対しては、
次の3つのポイントを意識してポスティングを実施しております。

01.効果的な配布エリアの選定

  • ・生活圏内となる半径500m圏をベースにし、顧客情報を元にリピート顧客の多いエリアを優先的に配布。
  • ・顧客が少なく、ライバル店と重なっていると思われるエリアを余った部数で配布。

02.刷り込み効果を高める頻度

  • ・月に1度、必ずポスティングをする
  • ・毎月月初に、月末まで有効のクーポンを付けた広告を配布。

03.持ち運び安い&また持ちたくなるような広告サイズ・内容

  • ・短冊型にして、少し折るだけで財布にそのまま入る形状にすることで、クーポンを利用してもらいやすい
  • ・クーポンの内容は最低2つ以上用意し、利用者が絞られないようにしている

このような施策にするこで、期間や場所にもよりますが、反響率はなんと1%を超える事が多いです。

商材を問わず見た場合に、ポスティングによる反響率は平均して約1000~2000部当たりにつき1件(0.05%~0.1%)と言われている中で、
1%という数字はとても高く、実際にリピートされるお客様が多くいらっしゃいます。

商圏が既に決まっていて、エリアに特化した配布をご希望の方は、是非一度弊社のポスティングをお試しください!

※ご発注の最小ロットについて
弊社へのご発注の最小ロットは基本的には「1万部」とさせて頂いておりますが、案件の実施方法によっては1万部未満でも対応させて頂きます。
その他ご不明な点も含めて、お気軽にお問い合わせください。