ato blog

ポスティングの反響数が0にならない為に必要なこと?消費者にとってのメリットを考える?

定期的に配布を行っている商材の中で、

最も反響がいいのは、デリバリー商材です。

 

 

金額が安く、生活に直結しているもの、クーポンやサービス内容がお得なものは反響が出やすくなります。

 

 

反対に反響が出にくいものは、単価が高く、すぐに購入につながらないような商材です。

 

例えば、不動産や、車の販売や高級サプリメントやブランド品など、高級商材と言われるようものがその例です。

 

特に不動産は一生に1度の買い物とも言われているので、

「チラシ1枚で購入を決める」というのはなかなか難しいかと思います。

そのため、1万枚配っても、10万枚配っても反響が「0」ということもあります。

 

 

そうならない為には、チラシを受け取る側にとって何かしらのメリットを作る必要があります。

 

以前に、アンケートに答えて頂いた方にクオカードをプレゼントするという特典を付けた際、

1500枚配布して518枚の回収がありました。

これは極端な例ですが、なにかしら消費者にとっての特典を設けることで反響数が変わります。

 

例えば、不動産のチラシでも「ご来場・ご相談の方に商品券のプレゼント」などの特典を設け、

来ていただいた方へアプローチしていくと効果的です。

高級商材でも、事務所や店舗で簡単なイベント(夏であればミニ縁日など)を催すのもお勧めです。

 

 

また忘れがちですが、デザインも重要な要素です。

 

ポストには日々チラシが入っていて、消費者は一瞬で自分に必要かどうか判断します。

ぱっと見て何の商材かわからないもの、ごちゃごちゃとして内容が分かりづらいなどは、

すぐに自分には関係にないものされてしまいます。

ポスティングのチラシには、ポスティングの見せ方があります。

デザインの自信の無い方は、是非、プロにデザインをお任せしてみてください。

 

 

反響が0にならない為には、消費者の目線にたって

 

「メリット」となる内容を訴求し、

わかりやすく「デザイン」し、

 

消費者の行動のハードルを下げることが必要です。

 

 

もちろん、きちんと配布することは大前提ですので、業者の選定の仕方はまた別の機会に。